小学校で主流になりつつあるお名前シールの豊富な種類について

SITEMAP

お名前シール

入学時には必須のお名前シール

私の息子が小学校入学し、家に帰って来て1番最初にやった事が各用具の名前貼りです。持ち帰った用具全てに貼る訳なんですが、算数の道具が細々としていて大変でした。幸い親切な学校なのか、「お名前シール」(白紙)が添付されていたので、一つ一つ名前を平仮名でフルネームで書いて…。細かい作業ですが、これをやっておかないと何しろ子供ですから紛失した時に誰のかわからなくなっちゃいますからね。
「お名前シール」とは私物に貼るネームの事で、入園や入学の時に各自に配られる用具に貼るのが一般的です。種類も豊富にあり、テプラによるシール・プリンターで印字するシール・アイロンでの貼り付け・リボン式なんてのもあります。前記したものは私は手書きしましたが、プリンターによる印字タイプで新入学で1番多いのがこれです。学校で配布されたものや販売されているものは、水に強いタイプなので多少の水濡れでは取れません。
ただし、完全な平面ではない場所に貼っている時や貼り方が不十分だと何度か貼り直しが必要です。そんな時は強粘着タイプを。入園時におしぼりなど布系が多い時は、アイロン式が便利。洗ったりしぼったりを繰り返しますが意外に取れないものです。つける場所があるのであれば、リボン式も良いですね。デザイン的にも可愛いので子供達に喜んでくれます。物や用途に合わせて「お名前シール」を楽しく活用したいですね。

information

TOP